特産品クラブ 石川県の特産品 工芸品・民芸品 あぶらとり紙の通販や購入なら

あぶらとり紙の評判やおすすめ度

あぶらとり紙
石川県の特産品(工芸品・民芸品)
おすすめ度
5.0pt
リピート度
5.0pt
有名度
5.0pt
取り寄せ期間
5.0pt
年齢層
2.0pt

88.00pt

アマゾンで購入する

あぶらとり紙の口コミや評判、価格・料金など

値段・価格帯
200円
おすすめ度
すごくおすすめ
リピート度
10回以上している
有名度
知らない人はいない
取り寄せ期間
すぐ取り寄せられる
年齢層
18歳から30歳

金沢は金箔の生産が全国でも有数の場所ですがこの金箔を作る時に金の地金を叩いて伸ばす際に紙にはさんでおり使い古された紙をあぶらとり紙として花街で使用された経緯があります。金沢のお土産に買い求め女性の方へ送りと喜ばれます。最近の商品は金箔打紙製法の商標のある商品が指定ロゴが記されています。

アマゾンで購入する
楽天で購入する

あぶらとり紙の関連商品

靴下

年に2回行われる靴下市で購入できますたくさん種類もあり出店している会社も20件ぐらいあります楽しいイベントもあって安く靴下が買えます4月の終わりの土日二日間と11月の終わりの土日二日間です一度見に行ってみてください

さるぼぼ

岐阜県飛騨地方で古くから伝わる人形です。猿のぼぼ(あかちゃん)という意味で、災いが去る(=猿)ということで縁起物のお守りです。多くは携帯電話のストラップ型になった物を購入される方が多いと思います。昔は赤色だけでしたが、今では様々な色の…

薩摩焼き

薩摩焼きが伝来して400年以上経ちます。 白薩摩黒薩摩と大きく分けて2種類あり、白薩摩は装飾が多いもので、黒薩摩は実用的なものが多いです。 薩摩焼きを作る窯元もたくさんあり伝統的なものから、新しい技術を取り入れたりと、個性的です。…

雄勝硯

嘗ては日本の硯の90%が雄勝で生産されているといわれました。昭和の後半に差し掛かって、産業の衰退がはじまり、2011年の東日本大震災では海沿いの雄勝町は壊滅的な打撃を受けました。書道自体も文化として衰退が懸念されます。雄勝硯の復興を機…

南部鉄器

南部鉄器という、ようは鉄瓶。 鉄なので最近のIHでも使用できるし、よく言われるのはこれを使ってお茶を沸かすと、鉄分が溶け込んで健康に良いというもの。 確かにそれもあるが、一番の利点は何と言っても長持ちすることだと思う。 …

都道府県の特産品・名産品

 

Top
特産品クラブ 石川県の特産品 工芸品・民芸品 あぶらとり紙の通販や購入なら